LIVERPOOLとの出会い(2)

もともと左利きのプレーヤーが好きなわたし(自分も利き足は!!)は、右利きのスミスよりも左利きのキューウェルの方が好きでした。

それにわたしは強すぎるチーム(レアル・マドリー、ユベントスetc.)を応援することを好みません。いまでこそプレミアシップはチェルシーが牛耳っているものの、ほんの昨シーズン(序盤)までは2強(ユナイテッドアーセナル)+1(チェルシー)という言われ方をされていました。すなわちわたしのなかではユナイテッドは強すぎるチームの1つだったのです。

そしてとどめはリバプールのキャプテンスティーブン・ジェラードの存在。かれのスケールの大きいダイナミックなプレー強烈なインサイドキックに度肝を抜かれたわたし・・。

以上の3点から、わたしの心もレッズ(リバプールの愛称)一色に染まっていったのでした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック