ANFIELD STAR☆

アクセスカウンタ

zoom RSS プレミア第22週 チャールトン vs リバプール 〜 The Valley の悲劇 〜

<<   作成日時 : 2006/02/09 13:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 7 / コメント 6

画像Charlton 2 - 0 Liverpool
[C]Darren Bent(42分 PK),Young(45分)



<Charlton>
               Myhre


   Young   Perry  Hreidarsson  Spector


          Kishishev   Smertin
                (El Karkouri 83)
   Hughes                  Thomas
                       (Ambrose 79)

        Marcus Bent  Darren Bent


<Liverpool>
               Dudek


   Finnan   Carragher   Hyypia    Traore
                 (Riise 70)

           Sissoko   Alonso

   Cisse                    Kewell
(Kromkamp 78)

          Morientes   Crouch
                 (Fowler 60)


<得点シーン>
41分(C)右サイドでボールを受けたキシシェフが裏に出したボールに抜けだしたD・ベントデュデクに倒され、PK。そのPKをD・ベント自身がゴール左に決める。

45分(C)右サイドキシシェフがダイレクトで流したボールに走りこんだスメルティンがクロス。そのクロスをカラガーがブロックしたこぼれ玉をオーバーラップしたヤングが右足で豪快に蹴りこみ、ゴール。


<戦評>
Miss Judge
最大の敗因がPKの際の誤審にあることは間違いありません。あの1点は不当なものだったし、あの1点がなければ当然ヤングのゴールも決まっていませんでした。あの1点で流れが大きく変わってしまったわけですからね。

にしてもです。

モロい。モロすぎる・・。

たった1点奪われただけでチームが壊れてしまうなんて・・。それまではすばらしかった。中盤でしっかりボールをつなぎ、前線の2人も攻撃をサポート。そして両サイドを基点に圧倒的に相手を押し込んでいましたから。決定機を作れなかったとはいえ、ここ数試合の中では1番といえるくらいの出来のよさでした。

Djibril Cisse
特によかったのが、ジェラードの代役を務めたシセ。対峙するスペクターを完全にカモ扱い。タテへの突破で再三再四チャンスを作りだしていました。2トップが中できっちりポジションを取れていれさえすれば・・。

Djimi Traore
1点目の失点はある意味仕方ないとしても、2点目は防げるはずの失点でした。トラオレの危機意識の希薄さからくるレスポンスの遅れがヤングのシュートを許してしまいましたから。彼はそういうところが一向に改善されません。DFとして致命的といってもいいでしょう。これが改善されればポジション取るだけのポテンシャルは十分持っているんですが、もったいないですね。

Sami Hyypia
この試合のワーストプレイヤーになってしまいました。失点は2つともヒューピアが裏を取られたことが原因でした。チャールトンには後半2,3度決定機があったあけですが、それもすべてヒューピアが裏を取られたものです。とても戦えるコンディションではありませんでした。ヒューピアのコンディション不良を見抜けていればアッゲルスタメンという手もあったと思うのですが・・。ここのところビッグゲームがつづいたため、そのすべての試合に出場せざるをえなかったヒューピアを責めることはできません。

Rafael Benitez
どうしてしまったのでしょう??このところ采配にまったく冴えがありません。2点をリードされて迎えたハーフタイム、彼ならチームを立て直す策を講じてくれるだろうと期待していたんですが、後半は今季ワーストともいえる出来の悪さでした。前半機能していた両サイドを丹念に突くという策をつづけてもよかったのではないでしょうか??後半ロングボールが増えた関係で、シセキューウェルも完全に消えてしまいました。タテに急ぎすぎてラインが間延びし、分厚い攻めはできないはカウンターは食らいまくるはで本当に最悪でした。

もっとわからなかったのが選手交代。ロングボールを有効に使うならクラウチを代えるべきではなかったですし、この日MOM級の活躍を披露していたシセクロンカンプに代えた采配なんてスコアを勘違いしているんじゃないかと思わされました。そんな交代するぐらいなら攻撃センスほぼ0のシソコに代えてハマンを入れてほしかったですね。

Next Game(vs Wigan)
おそらくこの日欠場したジェラードガルシアが戻ってくるでしょう。彼らとて今シーズン決して調子がいいわけではありませんが、調子が悪くても彼らは点が取れます。いいプレーはできなくても点を取ってくれればそれでOK。彼らの復帰に期待しましょう。



人気blogランキングへ ←← リバプール関連ブログ&記事をお探しの方はこちらをクリック☆

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(7件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
どうした、リバプール!
第3節の延期試合、チャールトン対リバプール。 寝たのが遅かったにもかかわらず、6 ...続きを見る
merseysideに佇んで
2006/02/09 21:40
チャールトン戦
チャールトン vs リバプール ...続きを見る
LOVERPOOL☆
2006/02/09 22:43
まさかの連敗・・・。
負けちゃいました・・・。 ...続きを見る
REAL REDS 
2006/02/09 23:27
デュデクは悪くない。
むしろあれはベントのハイキックだったんじゃないかと。 2点目の股抜かれは・・・アレだったけど、 まぁ、久々のスタメン出場でしたし。 ...続きを見る
all things are possi...
2006/02/10 02:00
プレミアリーグ・FAカップ、試合結果(8日)
Wednesday, 08 February 2006  現地時間8日、プレミアリーグとFAカップ4回戦の再試合が行われた。 ●Barclays Premie ...続きを見る
Premier通信
2006/02/10 10:32
チャールトンvsリバプール
リバプールはチェルシー戦でレイナが退場処分を受け、3試合の出場を禁止された。GKは今まで控えに甘んじていたデュデクだ。そして、今回のチャールトン戦で一番痛かったのがジェラードの欠場である。おそらくベニテスのプランでは、週末にも試合があるので連戦の疲れを配.... ...続きを見る
Matsuno-FC Blog
2006/02/10 13:38
★チャールトン×リバプール
ここの所なんとなく調子を落としているリバプール。 ちょっと前の快進撃が鳴りを潜めちゃいました。 今節はジェラードを怪我で欠いての試合。なんとなく心配です。 ...続きを見る
お気楽軽薄☆蹴球日記
2006/02/11 11:53

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
ジェラードがいないと、こうも脆いチームなのかと感じざるを得ない試合でしたね。それほどリバプールにとって、ジェラードの存在は大きいのかもしれませんが、中心選手不在でも勝てるチームになってくれることに期待しましょう。
リバプールは、まだまだ伸びしろがあるわけですから。

PS. すみません。またまたTBミスってしまいました。記事なしをTBしてしまいました。削除していただけますか。
hids
2006/02/09 21:45
リバプールは、例のCL予備選からシーズンが始まっているので、他のチームよりも疲労があるのかもしれませんね。あわせて世界クラブ選手権にも出てますし、もしかしたらコンディション的に今かなりきついのかもしれません。プレミアはそれでなくてもきついですし。来週のアーセナル戦、FA杯ユナイテッド戦、CLベンフィカ戦あたりがリバプールの今期一番のポイントとなりそうですね。
doroguba
2006/02/09 23:07
う〜ん、3連敗か・・・。スカパーで解説の粕谷さんがリバプールは、今シーズンもっとも試合数が多いのでどこかで疲労のピークは2度来ると言っていたのが現実味になったのかなと思います。
でも、まだFA杯とCL優勝の可能性残っているから頑張ってほしいです。
S.S
2006/02/10 03:28
こんにちは、
リバプールどうしてしまったのでしょうか・・・。ここにきて、連勝&無失点をしていた時期の安定感が無くなってきてしまいましたね。ジェラードの不在も響きました。しかし解らないのが、本文にもありましたがシセの交代ですね!どういう意図があったのか・・・。
あと、ジェラード今週末も危ないみたいです・・・。
Premier通信・編集長
2006/02/10 10:31
>hidsさん
TB&コメントありがとうございます。
やはりリバプールで一番得点力があるのは
ジェラードということなのでしょう。
ただ彼の代役のシセはよかったわけですから
前線の選手たちにゴールの匂いを感じさせるような
プレーをしてほしかったですね。

>dorogubaさん
コメントありがとうございます。
リバプールのコンディションがよくないのは確かですね。
それもフィジカル的な問題というより
むしろメンタル的な疲労を感じます。
これからタフなゲームがつづくんで心配です。
Harry K
2006/02/10 12:46
>S.Sさん
コメントありがとうございます。
コンディションの浮き沈みはどのチームにもあることですが
大事な時期にきて調子を崩してしまったのが痛恨ですね。
ここからはペース配分がより重要になってくるでしょう。
それと新戦力の活躍がカギでしょうね。

>Premier通信・編集長
TB&コメントありがとうございます。
選手たちは少し自信を失いかけているのかもしれません。
自信を取り戻すにはゴールを挙げて勝つしかありませんから
長い目で見守ってあげることが重要ですね。
ジェラード抜きがつづくとつらいなぁ・・。
Harry K
2006/02/10 12:52

コメントする help

ニックネーム
本 文
プレミア第22週 チャールトン vs リバプール 〜 The Valley の悲劇 〜 ANFIELD STAR☆/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる