ANFIELD STAR☆

アクセスカウンタ

zoom RSS リバプール、ストライカー考察&夏のFW補強について

<<   作成日時 : 2006/01/26 01:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 5

年が明けてからリバプールのストライカーたちが苦しんでいます。1月の4試合(FA杯含む)でFW陣が挙げた得点はルートン戦でシナマが挙げた2点のみ・・。

そもそもリバプールのストライカーたちにはゴール数が絶対的に不足しています。(便宜上)プレミアシップにかぎればリバプールのストライカーたちの総得点は11点シセ4点、クラウチ4点、モリエンテス3点)。ちなみにユナイテッドはニステルが一人で16点、ルーニーも10点挙げています。アーセナルのアンリは13点。

得点が取れないのはストライカーだけのせいではないと言われればそれまでですが、リーグ屈指の中盤を要するリバプールに果たしてその言い訳が通用するでしょうか??

個人的にトップストライカーの条件は
T 数少ないチャンスを嗅ぎわける嗅覚とそれを確実にモノにする決定力
U 独力でチャンスを切り開く局面打開力(ドリブル、オフザボールの動きetc.)

(少なくとも)どちらかを満たすことだと思っています。

たとえばニステルはTを満たしているし、アンリやルーニーはUを満たしているといえるでしょう。ではリバプールのストライカーたちはどうでしょうか??

率直にいって上の条件を満たす選手は1人もいません。かつてのモリエンテスはTの要素を満たしているといえたかもしれませんが・・。シセもオセール時代の輝きはうしなわれたまま・・。

ストライカーの資質とは必ずしもいえませんが、もう1つFWを評価するうえで重要な資質として
V 前線でタメを作れるキープ力(ポストプレイ)
が挙げられます。ポストプレイに長けていれば、チーム全体の押し上げを可能にすることでチャンスの数自体を増やすことができますし、中盤の選手の得点力を引き出すことができます。リバプールのように中盤に得点力のあるプレーヤーを多くそろえるチームであれば、なおさら有効といえるでしょう。

Vの要素を備える代表例としてユーベのイブラヒモビッチが挙げられます。彼はケタ外れのキープ力を備えているために、ゴール数がさほど多くなくても高く評価されるのです。

リバプールの選手のなかでは、モリエンテスがまずまず資質を満たしているといえるでしょう。シナマは足元へのボールに関しては十分及第点ですが、フィジカルと空中戦の弱さがネック。クラウチは身長こそあるものの決して競り合いに強いとは言えず、足元のおさまりもイマイチ。シセに至ってはほぼ資質0といっていいでしょう。

ここまで考察すればリバプールFW陣の得点の少なさについてある程度説明がつくと思います。

そしてここからが本題です。

リバプールの得点力をアップさせる方法は
@ 現有戦力の成長を促すこと
A 戦力補強

の2つ。試合に使いつづけなければ成長が見込めないことを考えると、2つを両立することは難しいでしょう。いいかえれば補強をするということは現有戦力に対して見切りをつけていくということです。

夏に(FWの)補強はあるのでしょうか??

ここから先は完全に個人的な見解ですのでソース(=情報源)もなければ信憑性もありません。ご了承ください。

個人的には1〜2名の補強(=入れかえ)がなされるのではないかと予想しています。おそらくもっともチームを離れる可能性が高いのはシセ。そう思う根拠は2つあります。1つはラファ・ベニテスの信頼を勝ち得ていないこと。もう1つは同タイプのマイケル・オーウェンの復帰が考えられることです。シセベニテスの信頼を勝ち得ていない最大の理由は戦術理解度が低いからです。彼は持ち前のスピードをカウンターでしか発揮できず、ポゼッション思考の強いいまのリバプールにまったくフィットできていません。その点オフザボールの動きに優れ、決定力も高いオーウェンはいまのリバプールにも十分にフィットできるでしょう。オーウェン獲得にメドが立った場合、その資金源としてシセの放出は現実味を帯びるはずです。

シナマは3〜4番手という位置を本人が(来シーズンも)受け入れるかどうかがポイントになりそうです。出場機会を求めるならばローンまたは完全移籍での放出となるでしょう。

モリエンテスはケガの多さと年齢(4月で30歳)がネックですが、ラファ・ベニテスの信頼は厚く本人がスペイン復帰を望まないかぎりは残留するでしょう。

ラファ・ベニテスお気に入りのクラウチに関しては残留が確定的だと思います。

ローン組のメラール・タレクについては所属先での活躍次第ということになりますね。

補強資金に余裕があればもう一人FWを獲得なんてこともあるかもしれません。

守備陣にメドがたったいま、プレミア制覇に向けてラファ・ベニテスは攻撃陣のテコ入れに着手するでしょう。そのことを考えてもFW陣はうかうかとしていられないはずです。もしかすると僕が予想した以上にもっとドラスティックな改革が断行されるかもしれません。

リバプールFW陣のみなさん(特にシセ君)、放出されたくなかったら結果残さないと危ないですよ〜。

最後に繰り返しになりますが本記事は完全にHarry K個人の意見にすぎません。どうぞご了承くださいませ。


人気blogランキングへ ←← よろしければクリックお願いします☆

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
冬は打ち止め?
リバプールの補強はDFラインのバックアッパー獲得で冬は終了なんかな? ...続きを見る
サイドアタックが好き
2006/01/27 13:00

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして。いつも楽しく読ませていただいています。
モリエンテス、モナコでの輝きを取り戻して欲しいですよねー。なーんか、欲が少ないんですかね?のってくれば決定力はある(ハズ)なので、ガムシャラにいって欲しいです。時々頼りなく、迷いが見えるんですよね。彼の奮起に期待しいます。
tai
2006/01/26 14:04
今日は。ユナイテッド戦残念でしたね・・・
リバプールのストライカーは、皆,頼り無い感じがします。
私は、監督お気に入りのクラウチが余り好きになれません。
ル・タレックが戻ってきてくれたらなーと思います。
ストライカーの奮起に期待するよりしかたないですね〜。
yuki
2006/01/26 15:57
>taiさん
どーもはじめまして。
コメントありがとうございます。
モリエンテスの場合はよくなってきたとはいっても
まだまだプレミアのサッカーに
馴染みきれていないように思います。
実績は申し分ないだけに期待は大きいんですが・・。
奮起を期待したいですね。

>yukiさん
どーもこんにちは。
コメントありがとうございます。
ユナイテッド戦はストライカーの非力さを痛感する
ゲームになってしまいました。
リバプールという名門クラブを背負ってたつような
強さを持ったストライカーがいないのは辛いですね。
ル・タレクはローンでたらい回しにされて
なかなか実力を発揮できずにいます。
一度腰を落ち着けてあげたいですね。
Harry K
2006/01/26 19:58
確かにシセがFW陣の中では一番出て行く確率高そうですね…
モリエンテスは加入当時はもっとやってくれる気がしたんですけど、まだプレミアにフィットしないとなると結構ヤバイ気がします。
個人的にクラウチにもっと頑張って欲しいですね。
本当FW陣は自分の為にも結果を出さないとマズイかもしれませんね^^;
mayurita_9
2006/01/27 13:11
>mayurita_9さん
TB&コメントありがとうございます。

モリエンテスの場合調子が上がってはケガの繰り返しなので
なかなかコンディションが整わないですよね。

クラウチの場合いろんな意味での強さが必要だと思います。
せっかくの高さを生かしきれていないですから。

シーズン終盤に向けてFW陣がどうなっていくのか
注目ですね。
Harry K
2006/01/27 20:10

コメントする help

ニックネーム
本 文
リバプール、ストライカー考察&夏のFW補強について ANFIELD STAR☆/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる